03-6281-9151受付時間 9:00~17:30

診療予約WEB受付

診療案内

皮膚科

乾燥肌

肌の湿疹、かゆみ、粉吹きの原因になり、年齢と共に悪化しやすく、秋から冬にかけて多い皮膚のトラブルで、貨幣状湿疹、皮脂欠乏性湿疹などを起こしえます。
治療には保湿剤、ステロイド外用薬、飲み薬があります。

にきび

10代から30代に多く、顔、胸、背中、おしりなどに発生しやすい、毛穴に一致した皮膚の炎症で、尋常性ざ瘡といいます。
特には腫れて痛みがでてきたり、しこってきたり、クレーターのようなニキビ跡、色味が残ってしみ(色素沈着)になることがあります。
治療には塗り薬、飲み薬があります。

じんましん

激しいかゆみのある、虫刺されのようなぶつぶつ、あるいは地図状に皮膚が膨れたり赤みが生じる疾患です。顔や体のどこにでも出てくることがあります。
それらは一時的で、24時間以内に引いてくる急性のじんましんがほとんどですが、まれに慢性化する方がいらっしゃいます。
治療には飲み薬、注射剤などがあります。

水虫

足や爪、手の指の間などに生じやすいカビによる皮膚の感染症です。
多くは白癬菌によるもので、足白癬、爪白癬などと呼びます。
皮膚がふやけて剥けてきたり、ガサガサして厚くなったりします。
かゆみがある方もいらっしゃいますが、かゆみがないことがほとんどです。
顕微鏡検査をして診断します。
治療には塗り薬、飲み薬があります。

診療案内