03-3564-1511受付時間 9:00~17:30

お問い合わせ

診療案内

循環器内科診療

診療について

循環器内科は、心血管系の病気を取り扱う内科です。胸痛、一時的な意識消失(失神)、動悸、息切れ、むくみ(浮腫)が、心臓の主な症状です。一方、血管の症状は、多彩です。すべての臓器は血管により血液を供給されているので、血管の閉塞により生じる症状は一言では言い表せません。不安をお感じになったら、お気軽においで下さい。

下記のような時には、ぜひおいで下さい。

生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病)

心血管病を引き起こす生活習慣病は、生活習慣の改善と少量の内服薬で劇的に改善します。当クリニックでは、経験豊かな内科医が生活習慣病の指導と治療を行っています。

 

動悸・息切れ

心臓、肺の異常は、動悸・息切れをもたらします。当クリニックでは、迅速に諸検査を実施し、診断し、疾患の早期発見、早期治療を行います。

 

 

心房細動、心電図異常

健康診断で見つかった不整脈などについて、循環器内科専門医が適切な診断と治療を行います。

 

二次検査

健康診断での再検査指示が出た場合にも、循環器疾患に関わらず、当クリニックでは適切に対応いたします。

 

健康診断で心拡大

レントゲン写真で見つかる心拡大は、子供のころに見逃されていた先天性心疾患、心膜炎、心不全など重大な病気の可能性がある一方、心配しなくてもよい心拡大もあります。

 

健康診断で心雑音

普通の心臓は、雑音はしません。高齢者に多い大動脈弁狭窄症は、偶然見つかることも稀ではありません。

 

その他

気になることがあれば、専門はどこかなどと考えず、お気軽にご相談ください。

心エコー図検査

当クリニックでは、ASE,(アメリカ心エコー図学会)、ヨーロッパ心血管画像学会(EACVI)のガイドラインに準拠した心エコー図診断を実施し、標準化した心エコー図を推進しています。

院長の赤石 誠は、2019 年まで日本心エコー図学会のガイドライン作成委員会委員長を務め、ガイドラインの普及をはかってきました。

日本心エコー図学会のホームページからガイドラインの日本語訳(赤石誠 監訳)を無料でダウンロードすることができます。

健診の異常で、二次検診のご依頼があれば、迅速に対応いたします。

診療案内